「マルゼン」カテゴリーアーカイブ

マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン

以前、マルゼンM1100リビジョンを購入しました。
M1100はフルオートのショットガンで、撃つと自動で薬莢が排出され次弾が装填される。

それはそれで楽しいんだけど、やっぱりポンプアクションでショットシェルが飛び出す
そんなショットガンが前から欲しかった!

エアガンにショットガンは色々な種類があるものの、実際にシェルが飛び出す銃は
ほんの一握りしかありません。

当然ながらゲームで使うには、完全に不利ですし、ショットシェルの紛失を考えると
屋外の使用は基本的に考えられません。
(屋外だとシェル紛失だけでなく、射程距離も問題になります)
ゲームでの性能だけ考えればハンドガン未満の性能です。

そんな銃がなぜ欲しいのか?

「ショットシェルが実銃同様に飛び出るカッコよさ」

これにつきます。
(TOP M4 EBBと同じですね)

そんな欲求を満たしてくれるのがマルゼンのM870シリーズです。
このシリーズには4種類のラインナップがあります。
M870 ブラックバージョン
M870 ウッドストックバージョン
M870 エクステンションカスタム ブラックバージョン
M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン

このシリーズの中からチョイスしたのがエクステンションカスタム ウッドストックバージョンです!

ちなみに、マルゼンのM870は、基本的にどこも品切れ状態で
1年に1~2回しか再販されないため、時期によっては入手が非常に困難です。

(特に装弾数が多いエクステンションカスタムは人気が高いようです)

買える時に買っておかないと中々手に入りません!
(私もタイミングが悪く、かなりのお店を調べて、やっと売ってるとこを見つけました・・・)

外箱
マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン 箱

フルサイズだけあって箱も結構大きいです。
全長:1,045mm
重量:2,590g

中身
マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン 箱オープン

付属品はショットシェル3発、BB弾少々、マニュアル、メンテナンス用の棒です。
(ショットシェルが安くないので分かるのですが、それでもせめて装弾数だけ付属して!)

本体
マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン

ウッドストックとフォアグリップがいい味出してます。
ブラックバージョンだとプラスチックですが、ウッドバージョンは本物の木で出来てます。

マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン ストック

後ろに写ってる床は、無垢バーチ材をアンティーク処理で仕上げてある
味のある無垢フローリングなんですが、銃のウッドは更に濃い茶色で雰囲気は抜群ですね。

メーカーの説明によると「フォアグリップ、ストック共に上質なプレミアムウォルナットで仕上げ」だそうです。

マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン フォアグリップ

M1100リヴィジョンとの比較
マルゼン M870 エクステンションカスタム WSV M1100リヴィジョンとの比較

同じライブカート式のM1100リヴィジョンと比較すると、これだけ長さが違います・・・
ちなみに、ショットシェルは同じものが使えますが、M1100系は古い緑とか赤のシェルを使うと
ブローバックする際にシェルが粉々になります(笑)
(実際にM1100を買った際に、店員さんが赤シェル使って試射して粉々になりました)

ブラックホーク実物スリング取り付け
マルゼン M870 エクステンションカスタム ウッドストックバージョン with スリング

15発のシェルを保持できるブラックホーク製の実物スリングです。
しっかりした作りなのに安いのでお勧めです。

弾速計で初速を計測してみました。
室温20℃、0.2gを1発だけ発射で約70m/sでした。

3発での仕様を考えると、もう少し初速が欲しいところですが
エアガンの規制値の基準気温35℃を考えると、せいぜい10m/sアップにとどめておかないと危険そうです。

M870の発射音は、M1100に比べると「ぽふっ」という情けない発射音でした(笑)

追記
試射してみましたが0.2g1発でもホップが弱く30Mは厳しい感じでした。
0.2g3発だと20Mくらいが限界でしょうか。

ただ、ショットガンらしく、弾はいい感じに広がってました。
0.12g7発も試してみましたが、射程は0.2g3発よりも更に厳しい感じでした。
が、弾の広がり具合は最高ですね。
近距離なら適当に撃っても当たりそうです(笑)

ホップがかなり弱いので、ホップを強くすれば良いんじゃないかと思い
ホップ部分を改造してみましたが、まだ試射していないので結果は出てません。

マルゼン純正は、スプリングでホップラバーを押さえているのですが
そのスプリングをやめ、中空ゴム(マルイ純正のホップパッキンを押さえてる中空のゴム)を
無理やり突っ込みました。
試射していないので見た目ですが、いい感じでホップラバーがバレル内に出てきたので
少なくとも以前よりはホップが効くようになってると思います。
(もしかしたら鬼ホップで逆にダメな可能性もありますが・・・)

ホップを強くしたことで、初速が下がったんじゃないかと思い、再度初速を計測。
室温26.5℃、0.2gを1発だけ発射

80m/s~84m/s出てましたので、特に問題はなさそうです。
マルゼンM870初速

ショットガン用スリング(ブラックホーク実物)

最近、ショットガン用のスリングを買おうと情報を集めていました。

S2Sの物が安くて12発もショットシェルをさせるので、第一候補でした。
但し、使用経験者のブログに「フック部分が細くてすぐ折れた」とあったので少々迷い気味。

取り合えずお店に行って、実際に見て良さそうなものがあれば購入しようと思い
近くのショップへ足を運んでみました。

(地元のショップさんに頑張って欲しいので、出来るだけ店頭で買えるものは
 少しくらいネットより高くても、店頭で買おうと思ってます)

安いからという理由で候補に上げていた、S2Sの物は既に売り切れてました・・・
(マルイのM870が出たので、ショットガン周りのパーツなんかは前より売れてそう)
他にもKM企画やイーストAの物がありましたが、どちらも弾数が少ない・・・
(KM企画9発、イーストA8発)
マルイのように1シェルで10回とか撃てれば、保持できるシェル数が少なくても
あまり問題はないんですが、マルゼンのライブカートは、1シェルで1回しか撃てません!
つまり15シェルを保持出来ても、15回分にしかならないのです。

一旦購入を見送り帰宅。
色々と調べていると良さそうなスリングを発見!
ブラックホークの物が、実物なのに安い!
(所詮スリングなので、実物でもそんなに高いわけではないですが、それでも安いと思う)

実銃用の実物で15発もショットシェルを保持出来ます。
お値段も3千円ちょっと。

もうこれしかないという感じでポチっと!

ブラックホーク ショットガンスリング パッケージ
ブラックホーク ショットガンスリング パッケージ

パッケージはブラックホークのホルスターと同じサイズで同じ形してますね~
(手持ちの実物ホルスターの箱と比べたわけではないので、パッと見た感じの感覚です)

ブラックホーク ショットガンスリング

実物だけあって、作りもしっかりしてますし、ショットガンナーにはお勧めの一品ですね。

ブラックホーク ショットガンスリング シェル装着

ゲームで使うとなると、これでも足りないでしょうから、ストックとかサイドにも
シェルキーパーを取り付ける必要がありそうです。

マルゼンのショットシェルがもう少し安ければ・・・
インドアフィールドでも少しは紛失するでしょうから、お財布にやさしくないですね・・・

マルゼン M1100リヴィジョン

ショットガンといえばポンプアクションにてシェルを排莢するイメージですが
レミントンM1100は、ガス圧作動方式セミオートマチックショットガンなんです!

(つまり撃ったら次の弾が自動的に装填されるということです)

そのレミントンM1100をガスブローバックモデルでエアガンにしたのがマルゼン M1100です。
更にそのM1100を現代風にレールをつけてモディファイしたのがM1100リヴィジョンとなります。

ショットガンの醍醐味はポンプアクションと散弾なので、ある意味醍醐味の一部が無いわけですが
セミオートのM1100は、また違った楽しさを味わうことが出来ます。

ガスブローバックによって自動的に薬莢が排出される様は、見ていて楽しいですし
リコイルショックを味わうことも出来ます。

もちろん散弾機能も持っており、同時に3~5発のBB弾を発射することが可能です。
但し、サバイバルゲーム向きではなく、あくまでもブローバックを楽しむモデルと考えたほうが良いと思います。

上部にもレールがあるので、ドットサイトを載せようかとも思いましたが
折角のショートタイプのショットガンなので、腰だめ撃ちを考慮してレーザーサイトを取り付けました。

(サバイバルゲームでレーザーサイトを使えるところは基本ないと思うので雰囲気です!)

デカイSUREFIREレプリカのライトは、なんとなく付けて見ました。
(色んな銃に試しにつけてますが、デカ過ぎて似合う銃がありません・・・)

M1100リヴィジョン

M1100リヴィジョン