「QNAP」カテゴリーアーカイブ

QNAP TS-673にSSDキャッシュを追加

QNAP TS-673は本体にSATA 6Gb/s M.2 SSDのスロットを2つ持っています。
NVMeではなくSATAのSSDです。

当初は拡張カードを追加してNVMeのSSDでキャッシュを作ろうと思っていました。
しかし折角専用のスロットを搭載しているので、SATAでSSDキャッシュを作成することにしました。

今回使用したのはWesternDigital製 WD REDシリーズ NASシステム向けのM.2 SSDです。

WESTERN DIGITAL WDS500G1R0B WD Red SSD 500GB SATA 6Gb/s

これを選んだのは耐久性が高そうなのと、NASで使ってるHDDもWesternDigital製 WD REDシリーズだから、なんとなく揃えてみたくなったためです(笑)

TS-673のM2スロットには温度センサーが付いており、QNAPの説明でもできるだけヒートシンクを付けるべきとのことで、今回は別にヒートシンクを購入し、SSDに取り付けることにしました。
Amazonで2個セットで安いのが売ってたので、それを買って本体に取り付ける前にSSDと合体。

あとは本体のM2スロットに取り付ければ終了です。
※分解などが記載されているマニュアルは以下のURLでダウンロード可能です。
TS-x73 ユーザー ガイド

取り付けるだけではキャッシュとして動作しませんので、「ストレージ&スナップショット」の「キャッシュ加速」にて、RAID1でSSDキャッシュとして設定します。
ちなみにRAID0では読み取り専用のキャッシュしか作成できませんので、必ずペアで冗長なRAID構成にする必要があります。

SSDキャッシュありとなしでベンチマークを計測してみました。

SSDキャッシュなし

SSDキャッシュあり

大きく変わるのはRAND4K Q32T16のWriteくらいで、あとは誤差範囲だと思います。
シーケンシャルの速度が上がらないのは予め分かっていました。
なぜかということ、SSDキャッシュ作成の際のキャッシュモード選択にて、ランダムI/Oのタイプを選択したからです。
これには色々と理由がありますが、長くなるので省きます。

シーケンシャルのReadがなぜか遅いな~と思ってたのですが、設定を再確認したらジャンボフレームを設定するのを忘れてました…
ということで、ジャンボフレームを設定して再計測。

ジャンボフレームON&SSDキャッシュなし

ジャンボフレームON&SSDキャッシュあり

しっかり速度がでるようになりました。
ジャンボフレームをONにしてもRAND4K Q32T16のWriteは変わらずSSDキャッシュの恩恵を受けているようです。

エクスプローラー経由での大きなファイルのコピー処理でもしっかりと速度がでています。

PCからTS-673へコピー

TS-673からPCへコピー

QNAP NASとLinux(Debian Buster)を1台のUPSに連動させる

基本的な内容はSynologyのNASと変わりません。
今回は相違点のみ書きますので、詳しくは以前のSynologyの記事を参考にしてください。

Synology NASとLinux(Debian Buster)を1台のUPSに連動させる その1
Synology NASとLinux(Debian Buster)を1台のUPSに連動させる その2

QNAP TS-673に繋いだUPS情報のネットワーク共有設定をします。

IPアドレスには連動させたいPCのIPを指定して、TS-673にUPS情報を取得しにくるのを許可します。

TS-673のupsmon.confは以下の場所にありました。
/etc/default_config/ups/upsmon.conf

upsmon.confの中身を覗くと
MONITOR qnapups@localhost 1 admin 123456 masterという記述がありました。

ユーザー名:admin
パスワード:123456
で接続すればOKです。

ちなみに@前の文字もupsではなくqnapupsになっているので、NASのIPを192.168.1.100と仮定すると、Debian側の/etc/nut/upsmon.confの接続部分の記述は以下のように書く必要があります。

MONITOR qnapups@192.168.1.100 1 admin 123456 slave

これで無事にQNAPのNASともUPS情報のネットワーク連携ができました。

QNAP TS-673に10Gのネットワークカードを追加

QNAP TS-673の互換性一覧ページでネットワークカードの互換性を調べたところ、Synology DS1618+で使用しているMellanox ConnectX®-3 Pro(MCX312B-XCCT)も使用可能でした。
但し、QNAP TS-673のPCIeスロットのブラケットはフルハイトなので、ロープロファイルのブラケットからの交換が必要でした。

取り付けもカバーを外すだけではなく、電源まで外さないと取り付けられないという設計の悪さ。
まあ何度も付け外しするものでもないので、面倒なのは最初だけではありますが、もう少し何とかならなかったのかとは思いました。
※分解などが記載されているマニュアルは以下のURLでダウンロード可能です。
TS-x73 ユーザー ガイド

QNAP TS-673のメモリ交換

QNAP TS-673を購入する時にメモリの規格などを事前に調査しました。
QNAPのページには以下のように書かれていました。
システムメモリ 4 GB SO-DIMM DDR4(2 x 2 GB)
最大メモリ 64 GB(4 x 16 GB)

そしてTS-673が採用しているSoCは
AMD RシリーズRX-421NDクアッドコア2.1 GHzプロセッサー(ターボコア3.4 GHz)

AMDのサイトでAMD Rシリーズを見てみると以下のように書かれています。
AMD’s first embedded processor with dual-channel 64-bit DDR4 or DDR3 with Error-Correction Code (ECC), with speeds up to DDR4-2400 and DDR3-2133, and support for 1.2V DDR4 and 1.5V/1.35V DDR3

SoCとしてはECCメモリをサポートしていると。
QNAPの製品でECCメモリをサポートしているのは、基本的に高価なモデルしかありませんが、ミドルレンジの製品で動くとなるとECCメモリ信者には朗報です。
(SynologyはAtomなどのミドルレンジモデルでも結構対応してたりします)

ただ正直なところ、この情報だけでECCメモリを買う勇気などなく、普通ならNon-ECCのメモリを買うところですが
Synology DS1618+のメモリを32Gに増設に書いているように、既にDDR4-2400のECCメモリを所持しているわけです。

ということで、購入せずともただで試せますので、実際にTS-673でECCメモリが動くのかを試してみました。
※分解などが記載されているマニュアルは以下のURLでダウンロード可能です。
TS-x73 ユーザー ガイド

標準で搭載されているメモリを取り外して

ECCメモリへ載せ替えるだけです。
簡単です、5分で終わります。

果たして起動するのか…

普通に起動しました!

リソースモニターでも32GのECCメモリを認識しています。

SSHでログインして「dmidecode」コマンドを使用してメモリ情報を見てみます。

[~] # dmidecode --type memory
# dmidecode 3.1
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 3.0 present.

Handle 0x0051, DMI type 16, 23 bytes
Physical Memory Array
        Location: System Board Or Motherboard
        Use: System Memory
        Error Correction Type: Multi-bit ECC
        Maximum Capacity: 32 GB
        Error Information Handle: Not Provided
        Number Of Devices: 4

Handle 0x0053, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 64 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: No Module Installed
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 0
        Bank Locator: CHANNEL A
        Type: DDR4
        Type Detail: None
        Speed: Unknown
        Manufacturer: A1_Manufacturer0
        Serial Number: A1_SerialNum0
        Asset Tag: A1_AssetTagNum0
        Part Number: A1_PartNum0
        Rank: Unknown
        Configured Clock Speed: Unknown
        Minimum Voltage: Unknown
        Maximum Voltage: Unknown
        Configured Voltage: Unknown

Handle 0x0054, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 1
        Bank Locator: CHANNEL A
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Transcend
        Serial Number: 00000001
        Asset Tag: A1_AssetTagNum1
        Part Number: TS2GSH72V4B
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.25 V
        Maximum Voltage: 1.35 V
        Configured Voltage: 1.35 V

Handle 0x0055, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 64 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: No Module Installed
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 0
        Bank Locator: CHANNEL B
        Type: DDR4
        Type Detail: None
        Speed: Unknown
        Manufacturer: A1_Manufacturer2
        Serial Number: A1_SerialNum2
        Asset Tag: A1_AssetTagNum2
        Part Number: A1_PartNum2
        Rank: Unknown
        Configured Clock Speed: Unknown
        Minimum Voltage: Unknown
        Maximum Voltage: Unknown
        Configured Voltage: Unknown

Handle 0x0056, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 1
        Bank Locator: CHANNEL B
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Transcend
        Serial Number: 00000100
        Asset Tag: A1_AssetTagNum3
        Part Number: TS2GSH72V4B
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.5 V
        Maximum Voltage: 1.5 V
        Configured Voltage: 1.5 V

Physical Memory Array
Location: System Board Or Motherboard
Use: System Memory
Error Correction Type: Multi-bit ECC

ハード情報的にはMulti-bit ECCをサポートしていると。

Total Width: 72 bits
Data Width: 64 bits
Size: 16384 MB

そしてECCの誤検知用メモリ分もしっかりと認識しているようです。
実際にエラーチェックが行われているかまでは確認できませんが、SoCのサポートやこれらの情報からECCメモリとして使えている可能性が非常に高いと思われます。

2020/05/03 追記
SAMSUNG B-dieのECCメモリを更に32G(16Gx2)入手したので、合計でECCメモリ64Gに増設してみました。

システム上で64G全て認識しています。

「dmidecode」コマンドでのメモリ情報も問題なくECCメモリとして認識しているようです。

[~] # dmidecode --type memory
# dmidecode 3.1
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 3.0 present.

Handle 0x0051, DMI type 16, 23 bytes
Physical Memory Array
        Location: System Board Or Motherboard
        Use: System Memory
        Error Correction Type: Multi-bit ECC
        Maximum Capacity: 64 GB
        Error Information Handle: Not Provided
        Number Of Devices: 4

Handle 0x0053, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 0
        Bank Locator: CHANNEL A
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Transcend
        Serial Number: 00000001
        Asset Tag: A1_AssetTagNum0
        Part Number: TS2GSH72V4B
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.5 V
        Maximum Voltage: 1.5 V
        Configured Voltage: 1.5 V

Handle 0x0054, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 1
        Bank Locator: CHANNEL A
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Samsung
        Serial Number: 2ED60400
        Asset Tag: A1_AssetTagNum1
        Part Number: M474A2K43BB1-CRC
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.5 V
        Maximum Voltage: 1.5 V
        Configured Voltage: 1.5 V

Handle 0x0055, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 0
        Bank Locator: CHANNEL B
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Transcend
        Serial Number: 00000100
        Asset Tag: A1_AssetTagNum2
        Part Number: TS2GSH72V4B
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.5 V
        Maximum Voltage: 1.5 V
        Configured Voltage: 1.5 V

Handle 0x0056, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
        Array Handle: 0x0051
        Error Information Handle: Not Provided
        Total Width: 72 bits
        Data Width: 64 bits
        Size: 16384 MB
        Form Factor: SODIMM
        Set: None
        Locator: DIMM 1
        Bank Locator: CHANNEL B
        Type: DDR4
        Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
        Speed: 2400 MT/s
        Manufacturer: Samsung
        Serial Number: 00D60400
        Asset Tag: A1_AssetTagNum3
        Part Number: M474A2K43BB1-CRC
        Rank: 2
        Configured Clock Speed: 1866 MT/s
        Minimum Voltage: 1.5 V
        Maximum Voltage: 1.5 V
        Configured Voltage: 1.5 V

QNAP TS-673を購入

自宅のNASはSynologyのDS1618+を使用していましたが、QNAPの方がハード的に攻めている感じもあり、同じ6bayのモデル+ミドルレンジのQNAP製品に買い替えることにしました。
買い替えにあたっての一番大きな理由は、10GbE環境でSSDキャッシュを使用したかったからです。
Synologyからも間もなく10GbEとNVMeSSDが同時に使えるコンボカードが発売予定ですが、まあQNAP製品も使って見たかったので、いい機会と思い買い替えることに。

QNAP(キューナップ) TS-673

QNAP TS-673はPCIe Gen 3 x4のスロットを2つ装備しています。
Synology DS1618+はPCIe Gen 3 x8を1スロットです。
使用可能な帯域的には同じなのですが、1スロットでは物理的に1枚しかカードがさせないので…