キヤノンBCI-350・BCI-351系詰め替えインク(PIXUS MG6730補充インク)

2014年の8月に発売されたCANONの現行機プリンター。

PIXUS MG7530
PIXUS MG6730
PIXUS MG5630

どれも前機種、前々機種と同じBCI-350、BCI-351系のインクが使用されています。
互換インクは発売されてかなりたちますが、りセッターは未だに発売されません。
(既に2世代終わったのに発売されないのは、あまりにも遅いと言わざるを得ません)

互換インクは既存の製品で問題ありませんが、りセッターが早く出てくれるとうれしいところです。
(BCI-350、BCI-351系のインクになって2年以上経っています・・・)

※リセッターは発売され次第、このブログでも通知して行きたいと思います。

大容量インクも発売はされていますが、それを使うにしてもインクコストが高すぎます。
特に頻繁に使用しないユーザーでも、一定期間で一定量のインクが減っていくため
殆ど使っていないのに、インクの交換だけは定期的に来るという始末。

私は使った分しかトナーが減らないカラーレーザーをインクジェットと併用していますが
写真などの高画質印刷は、やはりインクジェットに頼るしかありません。
インクジェットの馬鹿高いインクコストを下げるため、補充インクを利用しています。

詰め替え作業も決して難しくありません。
(分かりやすいマニュアルも付属しています)
慣れれば1つあたり3分くらいで詰め替えできるようになります。

詰め替え時の注意点は「ちゃんと同梱の手袋をしていないと手が汚れる可能性がある」くらいでしょうか。

2015/01/28追記
サンワサプライからリセッターではなく「オートリセットICチップ」搭載の
バージンカートリッジとインクセットが発売されました。

詳しくはキヤノンBCI-350・BCI-351系詰め替えインク(オートリセットICチップ搭載)に書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。