Panasonic Let’s note CF-W5 SSD換装

不要になり廃棄されそうになったPanasonic Let’s note CF-W5を
Webサーバーとして使うべく復活させました。

LinuxでのWebサーバーなので、正直そのままでも十分動くのですが
CF-W5はファンレスなので、いっそファンレス&ゼロスピンドルにしてしまおう
ということでHDDをSSDに換装しました。
(回転する駆動部品がゼロということですがDVDドライブはスピンしますね・・・)

ちなみにCF-W5のHDDはIDE接続なので、SSDに換装しても
SATAのPCのような早さにはなりません!

(それでもノーマルよりは早くなるだろうと思い交換に踏み切りました)

IDEタイプのSSDを探すもSATAのSSDより割高でなんか納得いかないので
他に方法がないかと探したところ、UltraBookやNUCに使用される
超小型のmSATAタイプのSSDがあることを知りました。

更に数社からmSATAをIDEへ変換するボードが出ていることも知りました。
(もちろんmSATAからSATAへの変換ボードも売られてます)

つまりmSATAとIDE変換ボードでSSDに換装すれば、IDEのPCが死んでも
SATAやmSATAのPCにSSDを移行することが可能になるのです!

(古いPCはいつ壊れるかわかりませんしね・・・)

現時点では、値段もIDEタイプのSSD買うのとそんなに変わりません。
但し、変換ボードを介しての実績がほぼないので、動かない可能性も大いにありました。
もし動かなかったらNUCでも買うか~なんて考えました(笑)

購入したのは以下。

PLEXTOR PX-128M5M 128GB mSATA SSD 
玄人志向 セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9

PLEXTOR PX-128M5M 128GB mSATA SSD

mSATAのSSD凄く小さいです。
このサイズで既に480Gの製品が出てます。

PLEXTOR PX-128M5M 128GB mSATA SSD 2

SSDが届く前に環境を作ってしまったので、再インストを避けるためにクローン作成。
(Ext4とアライメントがちゃんとした状態でコピーできるかの、クローンツールの実験にもなりました)

使用したのは「Paragon Backup & Recovery 2013 Free」です。

直接クローンは作れないので、一旦どこかにイメージを作成・保存してリストアする形になります。
(私は別PCのネットワークフォルダに保存してリストアしました)

EXT4のコピーも問題なし。
アライメントもバッチリ(コピー後に開始位置を調べました)
リストア時にパーティションのリサイズもOK。

かなり優秀なソフトでクローン作成は全く問題なし。

clone作成

クローン作成後に純正HDDと入れ替えて終了!

ちなみにCF-W5はHDDに辿り着くまでに、色んな種類のネジを沢山外します。
なのでネジの位置が分からなくならないようにしましょう。
以下のサイトは、分解方法が綺麗にまとめられていて、非常に参考になりました。

分解工房・CF-W5/CF-W4/HDD交換修理方法

SSD換装

SSD換装の結果は、下の動画を見て頂くと分かりやすいと思います。
一応、テキストでも書いておきます。
(ベンチマークはLinuxなので微妙なため、機会があればまたその時にでも)

純正HDD起動時間:約1分10秒
IDE-SSD起動時間:約37秒

起動時間が約半分になりました!

2013/12/24 追記
mSATAからSATAへ変換するボードも買ってみました。
ノートPC本体もCF-R7を買ってみたので、届いたら近日中に64bitのDebianを入れて
SSDに換装したいと思ってます。
(HDDがSATA接続で、CPUがCore2Duoなので、多少はmATAの性能をいかせるかなと)
更に追加でmSATAのSSDなんて買うつもりもないので、CF-R7が最終的にはWebサーバーになる予定です。

2013/12/28 追記
ベンチマークを取ってみました。
詳しくは以下のページで。
Panasonic Let’s note CF-R7 SSD換装

「Panasonic Let’s note CF-W5 SSD換装」への5件のフィードバック

  1. SSD換装記事、非常に参考になります。
    私もHiroakiさんに触発され、換装を行う計画なのですが、ひとつお伺いしたいことがあります。
    W5シリーズは確かHDDの電圧関係でIDEのコネクタのピン折りがあったと思うのですが、今回のKRHK-MSATA/I9 を挟んだ場合、なにか細工はされたのでしょうか。教えていただけると幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  2. ご質問ありがとうございます。

    W5シリーズのHDDにも二種類あるようで、私が所有してる個体はピン折り無しのものでした。
    購入前に分解してHDDの電圧を確認し、それから購入を掛けたので特に細工は行わずに済みました。
    ですので、まずは使用されているHDDの確認を先にした方が良いかと思います。

  3. お返事ありがとうございます。
    なるほど、W5シリーズのHDDが2種類あるのは知りませんでした。
    今度バラして確認してみようと思います。
    結果がわかり次第、ご報告いたします。
    それでは//

  4. 分解&SSD換装が終了しましたので、ご報告です。
    分解したところ、HDDはTOSHIBA MK6034GAX で、5V 1.0Aのものでした。(電圧の計り方はわからなかったのですが、HDDのシールに電圧が書かれていました。)
    ということで「KRHK-MSATA/I9」と「PLEXTOR PX-64M6M」で換装を行なってみたところ、無事稼働いたしました。
     http://fast-uploader.com/file/6994657100143/
    以上、ご報告になります。
    どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。