話題のPayPayでヤフーマネー決済を使ってみた

色んな電子決済が出てきてますが、最近話題になっているPayPay

中国などで流行っているQRコードを利用した決済システムです。
このPayPayはソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社が株主の企業です。
QRコード利用でお店のシステムコストが安いとのことですが、消費者側にはどうでもいい話です。
しかしお店のコストばかりでなく、利用者にも凄いメリットがありました。
(キャンペーンなので最初だけだとは思いますが)

なんと、今なら使った金額の20%がPayPayの残高として戻ってきます!
要は20%引きです。
(ソフトバンクユーザーなら1/10、Yahooプレミアム会員なら1/20、通常なら1/40の確率で全額戻ってきます)

まだまだ使えるお店が多くはありませんが、使えるお店が近くにあって、そこで買い物をする予定があるなら使わない手はありません。
ということで使ってみたのですが、始まったばかりで調べても色々と分からない点も多かったので、分かったことを書こうと思います。
※2018/12/07時点での情報ですので、今後変わる可能性があります

PayPayはチャージに使えるクレジットカードに制限があります。
※最後の方に書いていますが、正しくは「チャージできるクレジットカードはヤフーのクレカのみ」です
チャージに使える銀行にも制限があります。
これから増えていくということですが、今は誰もが使えるという状況ではないのは間違いありません。

そこで、対応しているクレジットカードを持っていなくても、対応する銀行口座がなくても使えるのがヤフーマネーとの連携決済です。
私はクレカも銀行も幸いなことに対応しているものを所持していますが、個人的な理由から支払先にしたくなかったので、ヤフーマネーと連携させることにしました。

しかしヤフーマネーでの支払いにも落とし穴がありました。
店員さんもまだしっかりと仕様を把握しておらず、一緒にトライアンドエラーで支払いをしました。
(Tsukumo福岡の店員さん、ありがとうございました)

今ならPayPayアプリを入れて登録するだけで500円分の残高がもらえるのですが、この500円分はヤフーマネーへのチャージ分と一緒に使えませんでした。
500円分の残高でバーコードを表示して500円を超えて支払おうとすると残高エラーになります。
支払いに十分な金額がヤフーマネーに入っていてもです。
そこから追加でチャージしか選択肢がなく、メニューの「お支払方法の管理」-「PayPay残高にチャージ」にて登録している銀行かYahooクレジットカードからのみのチャージになります。
つまりヤフーマネーに残高があっても、PayPayの残高とは合算して使えないということです。
なんという残念な仕様。

そしてやっとPayPayのサイトに記載してある下の画像の意味が分かりました。

PayPayのアプリの説明画面(下の画像)に赤い字と矢印で書きましたが、要は残高・ヤフーマネー・クレジットカードと3種類の支払い方法から選ぶのであって、残高の不足分をクレカやヤフーマネーと合算して支払うということはできないということです。
(ヤフーのクレカだけは残高のチャージに使えます)

せめてヤフーマネーやヤフークレカ以外のクレジットカードから残高へチャージができれば、普通にチャージして合算して支払えるのですが、現状ではそれができません。

分かりやすく書くと以下の3つの支払い方法のどれかを選べということです。
1.残高払い(残高へのチャージは登録した銀行口座かヤフーのクレカでのみ可能)
2.ヤフーマネー払い(コンビニからもチャージできます)
3.クレカ払い(VISA、MASTER、JCBはヤフーのクレカのみ)

個人的には表示するバーコードは1つだけにしてもらって、予め決めた支払いの優先順位に従い、不足分は自動でそこから補えるような仕様にして欲しい。
もしくは残高に対してヤフーマネー・クレカからでもチャージできるように。

ちなみにヤフーマネーへのコンビニからのチャージは1,000円~49,999円までしか行えませんが、1日1回という制限はないようなので、同じ日に2回コンビニからチャージすることで5万を超えるチャージも可能です。
ヤフーマネーへのチャージはローソンでコンビニ払いしましたが、支払いから2~3分でヤフーマネーにチャージされました。
支払いから実際のチャージまでは結構早いです。

ただ、今のままではPayPay残高との合算ができず、ヤフーマネー払いの使い勝手が悪いので、ジャパンネットバンクの申し込みをしました。
(こうやって保持する銀行口座やクレカ・電子マネーが増えていく…)

Tsukumoでの買い物とは別に、ファミマで残高を使った決済をしてみましたが、ストレスなく支払いが完了しました。
(予めスマホでPayPayの画面を開いておいて、支払う直前にバーコードを表示するという動作は必要になりますが)
今後、使い勝手が良くなればもっと普及していくとは思います。
なんといっても支払いの20%、総額100億円の残高へのバックの威力は凄まじいので、急速にユーザーは増えると思われます。
ユーザーが増えれば対応する銀行やクレカ、使えるお店も自然と増えて行きますので今後に期待してます。

2018/12/09 追記
iOS用のアプリが更新されてバーコードの選択がなくなって1つになってました。
残高が不足した場合はヤフーマネー、それでも不足していればクレジットカードでの決済と書かれていたので「やっと改善されたか!」と思いビックカメラに行って決済してみました。

残高が180円、ヤフーマネーが0円、クレカの登録ありで数千円の決済をしてみました。
更新前の時のように残高不足のエラーメッセージも出ずに決済が終了。
その時は使いやすくなったな~と思い帰宅。
家でアプリを見てみると残高180円…
残高を使って不足分をクレカで決済するのではなく、残高で不足してれば全額クレジットカードで決済するんですね…
ということは9万円の残高があって9万1円のものを購入すれば、全額分の9万1円がクレジットカードで決済されると。
頼むから残高を使い切ってからヤフーマネーやクレカで不足分を決済するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。