S41HWをroot化

注意:この内容は、S41HWが動かなくなる危険があります。
またメーカーの保証も受けられなくなります。
それでもチャレンジする場合は、必ず自己責任で行ってください。

今現在、S41HWは現行モデルではあるものの、他機種に比べるとスペックはかなり低めです。
特にメモリ周りは、アプリを多数インストするとすぐにきつくなります。
内部メモリ ROM:512MB/RAM:256MB

そこでまずMicroSDを16Gの物にしました。
SWAPなどもSDで行う予定なので、出来るだけ高速なメモリを選ぶことに。
規格的にはCLASS6ですが、実行速度は安物のCLASS10より評判が良い
SanDisk UHS-I対応 microSDHCカードを購入しました。

アプリケーションはSDカードにインストールすればいいから
SDカードの容量を増やしたし、これでメモリの問題は解決かというと、そうでもありません。

全てのアプリケーションがSDカードに移せるわけではないのです。
また、SDカードに移せても、ウィジェットが使えないアプリもあります。
(ジョルテなんかは、SDに移すとウィジェットが使えなくなります)

というわけで、SDカードにアプリケーションを移しても
移す前と同じようにアプリが動くようにすることにしました。

Link2SDというアプリが有名で、SDカードにアプリを移す手助けをしてくれるのですが
本体メモリにある場合と同じように動かすには、Link2SDをroot権限で動かす必要があります。

※root権限とは?
LinuxなどUnix系のOSでの管理者権限を持つユーザーのことです。
Androidも系統は同じなので、root権限=管理者権限となり
root権限で操作を行うことで、通常では出来ないことが出来るようになります。
但し、システムに重大な損傷を与える操作も可能となるため、その使用には十分な注意が必要です。

全体の流れとしては、以下のようになります。

1.S41HWをroot化

2.SDカードに新しいパーティションを作る

3.Link2SDインストール

次にSDカードのSWAP領域をAndroidから利用する方法です。

4.Busyboxインストール

5.Swapper2インストール

まずは、1.S41HWをroot化です。

※以下のサイトを参考にさせて頂きました。
http://ameblo.jp/spicy-rock/entry-11033183186.html
http://blog.goo.ne.jp/tksatsn/c/da1a0ff9e745eed6616ccc76d0aa0919

1-1.SuperuserをSDカードに事前にコピーする

以下のリンク先からファイルをDLしてSDカードにコピーします。
http://goo-inside.me/superuser/
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです
※最新のファイルでは上手く行かなかったので、recommendedとなっている
su-3.0-beta4-efgh-signed.zipを利用したら上手く行きました。

ファイルは解凍せずに、そのままSDカードの最上位のフォルダに置けば問題ありません。

1-2.ClockWorkMod RecoveryのDL

以下のファイルをPCにDLして解凍します。
http://dl.dropbox.com/u/13427114/cwm-v4.0.1.5-u8510.zip
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです

※通常は自動的に接続用のドライバがインストールされるのですが
Windows7の64bitマシンを利用している場合は、先にfastbootドライバを準備します。
以下のサイトより、Windows7の64bit用ドライバを事前にDLしてください。

Pulse_Drivers_xp_w7_w764.zip
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです
Windows7の64bitの場合は、次に紹介する手順でUSB接続を行うと、不明なデバイスとなるので
上でDLしたドライバを当て、デバイスを正常に認識させてください。

1-3.S41HWをfastbootで起動

fastbootで起動するには、以下の手順で行います。

電源OFF(シャットダウン後に一度バッテリーを抜いて完全にOFFにしましょう)

volume downと電源ボタンを同時に押して起動
(EMOBILEのロゴが出て数秒くらいまで)

EMOBILEのロゴのまま停止すれば準備完了です。

1-4.USBケーブルを接続する。

USBケーブルを接続すると、自動でドライバが当たります。
※Windows7 64bitの場合は、上で書いたドライバを手動で導入します。

1-5.ClockWorkMod Recoveryを導入

USBで接続後、デバイスとしてS41HWを正しく認識出来たら
1-2でDLしたClockWorkMod Recoveryのバッチファイルを実行します。

解凍したファイルの中のinstall_recovery.batを実行すればOKです。

1-6.Superuserを導入

1-1でDLして事前にSDにコピーしておいたファイルを利用し、Superuserを導入していきます。

一旦電源を落とします(シャットダウン後に一度バッテリーを抜いて完全にOFFにしましょう)

volume upと電源ボタンを同時押しで起動します。
※fastbootはvolume downでしたが、今回はvolume upです。

メニューが表示されたら「install zip from sdcard」を選択します。
メニューの操作は、ボリュームアップ/ダウンがメニューの上下、決定は電源ボタンです。
※この時点でメニューから本体のバックアップが取れるようになっていますので
本体のバックアップを取り、万一の場合にバックアップから戻せるようにしましょう。
バックアップはSDカードに保存されますので、SDカードからバックアップファイルを
PCなどにコピーし保存しておくと、将来SDカードが壊れた際も復旧が可能となります。

SDカードに事前に入れておいたsu-3.0-beta4-efgh-signed.zipを選択します。

確認の選択肢が出ますので「Yes--Install」を選択して導入完了となります。

次に、2.SDカードに新しいパーティションを作るです。

パーティションの操作を行ったことがある方であれば難しくはありません。
※SDカードにSWAPも作成しようと考えている場合は、この時点でSWAP領域も作成しておきましょう。
SWAP領域は、128M~256M程度の領域を確保し、フォーマットのタイプでLinux-Swapを選択してください。
また、必ずEXT3の後ろに作成し、第3のパーティションとして作成してください。

パーティションの操作を行ったことがない方は、以下のサイトに詳しく方法が纏められています。
参考にしてください。
SDカードに新しいパーティションを作る
※ちなみに私の場合ですと、上記で紹介したツールですと、Link2SDがEXT3を正常に認識できませんでした。

EXT3が上手く認識しない場合は以下のツールで作成。
Partition Master Free
※Partition MasterではSWAP領域は作成できないので、ツールを併用して作成してください。

3.Link2SDインストール

MarketからLink2SDをダウンロードしてインストールします。

Link2SDを起動するとパーティションのタイプを聞かれますので
上で作成したパーティションのタイプであるext3を選択します。
※私の場合は、Partition Wizard でパーティションを作成した場合
ここで正しく認識できず、Partition Masterでパーティションを作成した場合は
正しく認識出来るという現象になりました。

正しく認識出来れば導入は完了です。
あとはアプリを選択して、「リンクを作成する」でSDカードにアプリが移動されます。
※Link2SDの使い方は、検索すると詳しいサイトが沢山出て来ます。

SDカードのSWAP領域をAndroidで利用する場合は、以下の操作で認識させます。

4.Busyboxインストール

MarketからBusyboxをダウンロードしてインストールします。
但し、Busyboxのバージョンによって、後述するSwapper2の情報が、正しく表示されなくなるので
特定のバージョンのBusyboxをインストールすることをお勧めします。

特定のバージョンのBusyboxをインストールするには、MarketからBusybox InstallerをDLします。

Busybox Installerを実行すると、バージョンとインストール先のパスが選択できますので
バージョンのみ変更し、をクリックしてください。
Busybox Installerで1.18.0をインストール
※最新のBusyboxだとSwapper2にてSwapの表示がbuffers: KB になる。

5.Swapper2インストール

MarketからSwapper2をダウンロードしてインストールします。

設定で以下の項目を変更します。

Advanced Preferences → Use Swap Partitionにチェック。

Advanced Preferences → Busybox locationの内容を/system/xbin/busyboxに変更。

SWAPをONにして、Swapper2のメニュー画面の「Info」を選択し、SWAPの情報が正しく表示されればOKです。

再起動後もSWAP利用が適用されるように、設定で「Run Swapper at Stasrtup」にチェックを入れておきましょう。

以上で、SDカードへのアプリ移行(ROM不足対応)とRAM不足対応は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。